赤ちゃんのオムツの替え方

赤ちゃんおむつ子供が産まれて、初めてのお世話。
やっぱり一番しなくてはいけないことは、オムツを替えるということ。
パパという立場の自分は、おっぱいだけはあげることができません。
なのでせめてできること、それはオムツ替えなのです!

でも初めてのことなので、かなり戸惑いました。
汚れたオムツを脱がせる前に、新しいオムツを広げておしりの下にしいて準備しておくのは基本中の基本。
新生児って予想以上に小さいし、オムツのお腹周りのテープの止め具合とかきつくないかな?とか。
逆にゆるすぎると背中とか、足の付け根とかから漏れてきちゃうんですよね。
足の付け根の部分は、オムツの中にあるギャザーがしっかりと立っているか確認しなければいけないし。
それにおしりふきであんまりゴシゴシすると、新生児の肌はとてもデリケートなのですぐに赤くなってしまったり・・・。
そんな時は、おしりふきで拭かないでこまめにお湯で流してあげたり。
とにかく新米パパの自分にとっては、大事な仕事です。

そんな大変だったオムツ替えも、今ではテキパキとできるようになりました。
逆にあんなに戸惑っていたのが懐かしいくらいです。
オムツは少しでも汚れていたら、すぐに取り替えてあげる!
かぶれないためにはこれが一番ですね。