欅坂46の衣装がなぜナチスと同じなのかが理解できない

メディアでにぎわせている欅坂46の衣装がドイツ・ナチス軍服の衣装とそっくりだとして物議を醸していますが、実際に欅坂の衣装を見てみるとナチスの紋章に使われている卍は使われていませんし、単なる軍服をモチーフとしたコスプレ衣装でまったく問題がないという感想でした。

それで、この問題を取り上げたネット記事を見ると、ナチスの帽子にある鷹がアウトであると解説しているところがありました。

ナチス=鷹とは初めて聞いた見解でありまったくピンときません。

この記事を書いた人間の見識としては、鷹であればナチスを連想するからダメなのだそうですが、そんな解釈がまかり通れば軍服そのものがナチスと連想させることができてしまうので、世界各国の軍服すべてアウトになるのではないでしょうか?
アイドル衣装に難癖をつけるこの騒動を焚きつけた勢力こそが表現の自由を脅かす危険な思想の持主であると思います。
ネットには色んな意見があっていいと思いますが、あまりこういった類のものはいかがなものかと思います。

さて我が家は相変わらず赤ちゃんのお世話で大変です。
嫁さんも子育てに付きっ切りという感じなので、自由時間もあまりない様子。子育てに追われて気がついたら老け込んでた!みたいにならないように、お肌に良いサプリとやらをプレゼント計画をしています。
最近顔が疲れからなのか、血色が良く無さそうなのでね。
http://www.yucam-overseas.com/